都会に住む夢を諦めたくないなら狭小住宅に依頼

ハウス
このエントリーをはてなブックマークに追加

便利な街で快適に暮らす

部屋

便利さが最大の価値

近年、東京の住宅市場において話題になる機会が増えているのが、狭小住宅です。狭小住宅とは読んで字の通り、狭くて小さな家のことです。法令等による明確な基準があるわけではありませんが、面積がおおむね50平方メートル以下の土地に建てられた住宅をそのように呼んでいます。東京のように土地価格の高い地域では、適当な広さの住宅を建てようとすると相当な資金負担を覚悟するか、もしくは地価の安い不便な場所に建てるかのいずれかを選択せざるを得ません。狭小住宅は、このいずれでもない、第三の選択肢として注目を集めています。通勤の利便性や生活インフラの充実を最優先させることを目的として、あえて東京都心に狭い家を建てる、そのようなライフスタイルを好む人が増えているのです。

狭くても楽しく暮らせる家

ただ、誤解すべきでないのは、狭小住宅は決して立地のみに着目して住宅自体の価値をないがしろにした住まいではないということです。狭いながらも、あるいは逆に狭いからこそさまざな間取りの工夫が生まれることで、個性的な住空間を実現することが可能です。狭小住宅は注文建築が基本となります。東京には狭小住宅の設計・施工にノウハウを持つデザイナーや建設会社が多数存在し、建設にまつわるさまざまな相談に乗っています。また、最近は狭小住宅が建売の形で売り出されることも多くなっています。さらに、中古物件にも人気が集まっています。これは狭小住宅に資産価値が認められるようになってきたことの証しであり、これから建てようと考えている人にとっては勇気づけられる現象です。

新タイプの分譲物件が人気

お家

岡崎では、コンクリート造りの分譲住宅が人気を集めています。耐久性の高さが、特に評価されている点です。こちらの分譲住宅には屋上があり、スペースを最大限活用が出来ます。ゆとりのある生活が送れるのが、メリットです。

ネットで確認しよう

土地

茅ヶ崎市の土地相場はインターネットからでも調べることができ、実際の土地を探すためには不動産会社のホームページを活用しましょう。住宅地として適した土地もたくさん販売されているため、家を建てる人も利用できます。

マイホームの購入

家の模型

埼玉県で注文住宅を建てる場合、都心よりも土地単価は安くなるのでおすすめの地域です。隣の都心への通勤でも楽に移動できるエリアもあります。理想の家を建てるためには、よくばることはしないように必要な設備を取り入れるようにしましょう。